このため、現在の時点では、後市の私募に対する全体的な意見の相違が顕在化している

実際、私募排網倉位データが反映されている状況を見ると、規模の異なる株式私募倉位には食い違いがある。そのうち、50億と10億規模の株式私募は倉庫態勢を維持し、100億、20億と5億規模の株式私募倉庫はやや低下した。 さらに、7月8日現在、株式私募全体の倉位指数は68.14%で、先週より0.18%下落し、そのうち46.40%の株式私募倉位は8割を超え、24.45%の株式私募倉位は5-8割の間で、また9.99%の株式私募倉位は2割を下回った。 このため、現在の時点では、後市の私募に対する全体的な意見の相違が顕在化している。多くの私募も、短期的には倉庫管理、倉庫交換の面で適切に柔軟な戦略を維持すると述べている。例えば、建泓時代の投資総監趙媛媛氏によると、現在の建泓時代は株式倉庫で中程度のレベルを維持し、国内外の政策面に新たな積極的な信号が現れるのを待ってから機械を選んで倉庫を追加する。また、同機構はオプション消費分野を重点的に配置すると同時に、将来的に倉庫を追加する業界はマクロ要素の変化に応じて選択と調整を行う。 しかし、長期的に見れば、「多くを見て多くを作る」ことも現在の業界で主流の認知である。淡水泉投資は、マクロ経済がより良い回復態勢を維持できれば、企業の生産経営活動が持続的に利益を得ることを意味すると考えている。このような市場環境は資本市場の信頼をさらに修復し、経済敏感型の業界トップのパフォーマンスに有利にするだろう。

 このため、現在の時点では、後市の私募に対する全体的な意見の相違が顕在化している 热门话题


1e

发表评论

Copyright 2002-2022 by 曲佐生物有限公司(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.